kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

様々な原因で起こる「結膜炎」原因によって症状や治療方法が違います!

image 「結膜炎」は様々な原因で結膜に炎症が起きた状態です。

原因によっては他の人から感染する、または他の人に伝染することもあります。

子どもの場合学校のプールや感染している他の子どもとの接触などで発症の機会が大人よりも多いと言えます。

症状

「結膜」が炎症を起こすことにより

  • 白目部分が充血し赤くなる
  • 目やにが増える
  • まぶたが腫れる
  • 熱が出る

といった症状が現れます。

白目が充血して赤くなることから本人以外でも気づくことが比較的容易です。

早期に気づいて治療を開始できればよいのですが、対処が遅れ症状が進むと

  • 細菌感染による角膜の損傷
  • 潰瘍ができる

など重篤化することもあり注意が必要です。

原因と分類

大きく分類すると

「細菌やウイルスによる感染性の結膜炎」

「アレルギーによる結膜炎」

という2つがあり、感染性の結膜炎の中でその原因により

「細菌性結膜炎」

「ウイルス性結膜炎」

に分類されます。

細菌性結膜炎

黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌が原因となります。

感染力がそれほど強くない原因菌が多いのですが、目やまぶたなどに傷がある場合や体力が落ちている場合などに感染の可能性が上がります。

ウイルス性結膜炎

主にアデノウイルスによって炎症が起こります。

「プール熱」や「はやり目」と呼ばれるものも、このアデノウイルスによる感染性結膜炎です。

感染力が強く人から人への感染が多いこと

症状が重くなりやすいこと

から特に注意が必要です。

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は2つに分類でき

  • 季節性アレルギー性結膜炎
  • 通年性アレルギー性結膜炎

があります。

スギやヒノキ、イネなどの花粉に対してアレルギー症状が起こることが原因のものが「季節性アレルギー性結膜炎」

ダニやハウスダストなど季節に関係のないものを原因とするのが「通年性アレルギー性結膜炎」

となります。

アレルギー症状による炎症なので、アレルギーの原因を取り除くことが一番の予防であり治療です。

他の結膜炎に比べ目のかゆみが強いのが特徴です。

治療方法

原因によって治療方法が変わります。

このため「以前結膜炎になった時の薬をそのまま使おう」というのは危険な場合があります。

細菌性の結膜炎に対しては抗生物質を含む点眼薬で治療します。

しかしウイルスには抗生物質は効果がありませんし、アレルギーに対しても意味がありません。

ウイルス性の場合には原因に対するアプローチが難しいため、炎症を抑える点眼薬を主に用います。

またアレルギー性の結膜炎に対しては抗ヒスタミン薬を基本として治療を行います。

それぞれに対して適切な予防が肝心

アレルギー性に関しては、まず自分が何に対してアレルギー症状が発生するのかを把握するために病院で検査を受けましょう。

その上で、アレルギーの原因となる物質を除去したり接触をさけることが一番の予防になります。

感染性の結膜炎に対しては、感染を未然に防ぐことが重要です。

  • タオルやティッシュなど、顔や目の周りに触れるものを共有しない
  • プールに入る時にはゴーグルを着用したり、出た後に目薬などで目を洗う

など目に何かが触れる時には気を配るようにすることでかなりの予防になります。