kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

夜泣きの原因はなに?いつ頃からいつ頃まで?対策は?

image 育児において比較的早い段階で訪れる大きな壁として「夜泣き」があります。

個人差も大きいので、ほとんど夜泣きに悩まされなかったという場合もあれば、ママやパパの精神を疲弊させてしまうほど夜泣きがひどい場合も。

「いつまで我慢すればよいのか」

「どうすれば夜泣きをやめさせられるのか」

と思い詰めてしまうケースも。

少しでも夜泣きの月齢を家族みんなが健やかに過ごすにはどうすればよいのでしょうか?

夜泣きはいつ頃からいつ頃まで?

一般的に生後3、4ヶ月ごろから始まることが多く、2歳頃までにおさまることが多いようです

もちろん個人差が大きく、特に夜泣きがなくなる時期に関しては1歳すぎという場合もあれば2歳すぎまで続くといった場合もあります。

なぜその月齢のみ「夜泣き」が起きるのか?

これにはまず「夜泣き」の原因を理解する必要があります。

ママやパパからすると、子どもが夜に泣いていれば「夜泣き」と思うかもしれません。

起きて話しかけたり、抱っこしたり、ミルクをあげたりといった必要があることに変わりはありませんからね。

ですが夜泣きというのは厳密に言うとただ夜に泣いていることではなく

明確な理由が見当たらないにもかかわらず予感に起きて泣き出すこと

を指します。

つまり

  • おむつが濡れている
  • お腹が空いている
  • 体がかゆい
  • 暑い・寒い

といったような直接的な原因があり泣いているわけではない場合が「夜泣き」となるようです。

どちらにせよママやパパも睡眠をとりたい夜に泣くのだから同じ!とも言えますが、「原因がある泣き」に関しては原因を取り除くことによって再び眠りにつくことが多いのに対して、夜泣きに関しては直接的に有効な対応ができないことが多いことが問題です。

ではなぜ「夜泣き」は起こるのでしょうか?

「明確な理由が無い泣き」と表現しましたが、原因は存在します。

それは赤ちゃんの脳の発達具合です。

この頃の赤ちゃんはまだ脳がわたしたち大人ほど発達していないことから

  • レム睡眠の比率が高い
  • 時間の感覚(朝や夜の区別)がつかめない
  • 睡眠のリズムがつかめない
  • 日中に受けた刺激や興奮が睡眠中に脳を刺激しやすい

といった特徴があるようです。

とはいえ相手は「赤ちゃん」なので「眠りが浅いの?夢で起きたの?昼夜逆転しちゃった?」と聞いても答えてはくれません。

ですので「夜泣き」に関してはいまだに分かっていない部分が多いのも事実です。

ですが、脳の動きなどからこれらの特徴があり、それが睡眠に様々な影響を及ぼしていることは確かなようです。

どうすれば少しでも夜泣きを改善できるのか

脳の発達、レム睡眠、睡眠のリズムがつかめない…といった原因であると考えられる夜泣きは、やはり夜泣きではない「明確な理由のある泣き」に比べるとなかなか対策ができません。

ミルクをあげても、おむつをかえても、あやしても、抱っこしても…寝ない!!

それでなくても日中の家事や育児からの疲れで体力的にも精神的にもつらい時だとムキー!!となってしまいますよね。

赤ちゃんが成長している証でもあるのですが、あまりにも続けばママやパパの負担も増え、赤ちゃん自身の健康も心配になってしまいます。

少しでも改善するにはどうすればよいのでしょうか?

生活リズムを整える

赤ちゃんはまだまだ発達途中で、一日の時間の流れをつかむのが難しいことも夜泣きの原因になりがちです。

  • 朝は決まった時間に起きる
  • お昼寝もなるべく時間を決めたり、夕方まで寝かせないよう気をつける
  • 夜は、同じ時間にお風呂に入って同じ時間にベッドに入るようにする
  • 昼間ずっと締め切った室内にいるのではなく、同じ時間にカーテンをあけて日光を感じさせる

など毎日の生活リズムをある程度固定することで、睡眠の時間を習慣づけるように心がけましょう。

離乳食の時間もバラバラにならないよう気をつけたり、夜は睡眠時間よりも少し早めに部屋の照明を少し暗くするなども効果的です。

脳の発達を促す

「脳の発達を促す」といっても子どもは少しずつ成長していくものですから「○○をすれば急激に脳が発達して夜泣きが改善する!」なんてことはありません。

ですが毎日の生活の中で

  • 知育に優れたおもちゃで遊ばせる
  • 赤ちゃんと一緒に手遊びをする
  • 赤ちゃんのちょっとした声や動きにも話しかけて反応してあげる

などによって脳の発達が促されることにより、夜泣きがおさまる時期が早まることも考えられます。

これも生活リズムの改善と合わせて「朝ご飯の後に一緒に手遊びをする時間を作る」などというように毎日できるとよりよいでしょう。

どうしてもつらい時

まずは家族の協力が一番重要です。

パパがお休みの日に夜間のお世話をお願いしたり、昼間ママがお昼寝できる時間を作ってもらったりと子育てに関わる全員で乗り切りましょう。

おじいちゃんおばあちゃんを頼ったり、ママ友達に話を聞いたりといったこともよいでしょう。

抱え込んで精神的にすり減ってしまい、感情がおさえられなくなったり体力が尽きてしまう前にまずは誰かを頼ってみてください

どうしても頼れる先がない場合には、かかりつけの小児科の先生などに相談してみてもいいのです。

また医学的な対策として漢方薬の処方という手段もあります。

「抑肝散」や「甘麦大棗湯」など、乳児に対しての処方が可能であり夜泣きに効果的とされる漢方も存在します。

「周りの人はがんばって耐えているのに病院や薬に頼るなんて…」と考えてしまう方もいるかもしれません。

確かに「夜泣き」は赤ちゃんの成長の証であり、個人差があるとはいえ誰しもが通る道です。

ですが、だからといって頑張って耐えて耐えて耐えすぎた結果

ママの感情が抑えられなくなってしまった

赤ちゃんが睡眠不足になり健康に支障が出た

となってしまっては大変です。

実際に漢方薬の処方を利用するかどうかはともかく、まずは誰かに相談という意味でも「病院へ行く」という手段もあること、そしてそれが何も悪いことではないことを覚えておいてください。

周りの人に何か言われたところで関係ないのです。

ママやパパ、赤ちゃんの健やかな生活にかえられるものなんて何もありません。