kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

「プログラミング教育必修化」で重要なのは、プログラミングをできるようになることではありません

image ついに2020年から小学校での「プログラミング教育必修化」が始まります。

そして翌年には中学校、さらに翌年には高校でも導入されます。

どんな目的で

どのような授業を

どんな内容で

など、親世代からするとわからないことが多くて不安や心配も。

「プログラミング教育」という名目で子どもたちは何を学び何を身につけるのでしょうか?

「プログラミング」という科目ができるわけではない!

まず第一にこれが重要です。

私も最初にプログラミングが必修化と聞いた際には、今までの科目でいうところの

  • 図画工作
  • 家庭科
  • 保健体育
  • 音楽

のように、「副教科」だったり「技能教科」と言われる科目として「プログラミング」という教科が時間割に入ってくるのだと思いました。

ですが実際には違うようで、既存の教科の中で「プログラミング的思考やプログラムの働き」を学ぶ機会を作るという内容です。

つまり「プログラミング」の授業があってテストがあってというようなものではありません。

実際にそれぞれの教科でどのように「プログラミング」を扱うかは来年に向けて手引も教員の方々の準備も進めているところでしょうから、具体的な内容までは始まってみるまでわかりませんね。

使用する教科書などもそれらに対応した部分が作られてくるとは思いますが、教育委員会や各学校であったり実際に授業を行う教員の方々次第なところもあります。

何を学ぶのか?

文部科学省が掲げる「プログラミング教育」の狙いとしては

  1. 「プログラミング的思考」を育む
  2. プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育む
  3. 各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとする

出典:「小学校プログラミング教育の手引」(文部科学省)

というようになっています。

簡単に言ってしまうと

「プログラミング的思考」を学ぶこと、「プログラム」が社会の中でどんな働きや役割があるのかを理解して活かしていけるようになること、「プログラミング」を用いることによって既存の教科の学習に役立てること

と解釈できます。

それぞれ詳しく考えてみましょう。

「プログラミング的思考」を学ぶ

ここが最初にして一番の目的とも言えるかもしれません。

そして同時に、これが一番よく分からない!!って方も多いかと思います。

まず「プログラミング的思考」ってなんじゃらほいというのが大きな理由ですよね。

これは言葉にしてしまうと

物事を論理的に考え、分析する。目的を設定し、最適解を求め、実行し、検証する。といったような思考のことです

つまり「今までプログラミングなんか一回も触ったことないよー」という方でも、日常生活の中で身についている方もいます。

「プログラミング的思考」とはプログラマーやシステムエンジニアと呼ばれる職業になるための能力のことではありません!

ではなぜ今、小学校からプログラミング教育が必修化されるのかといえば

  • プログラミング的思考がこれからの時代に必要不可欠であること
  • 他の教科から学びにくいこと

が挙げられます。

算数、国語、理科、社会、英語といった今までの義務教育の内容だけではこれからの時代に必要なプログラミング的思考が不足しているとも言えます。

実際のプログラミング教育がどのような内容かはわかりませんが、「プログラミング」というものを学び始める際の手順として

  1. どのような目的のプログラムを作るのか
  2. どのような動きをするのか
  3. どのような入力、データ、出力が必要なのか
  4. それらの設計をもとにプログラミング
  5. 実際の動作を確認し、検証する
  6. 検証をもとに更に機能を拡張してみる

といった手順ですすめることがよくあります。

このような思考は既存の教育ではなかなか養われないものです。

プログラムの役割や働きを理解する

昔のように単純な動作をする電子機器がどんどん減り、ほとんどに「プログラム」が搭載されるようになりました。

物を照らすという単純な目的の「ライト」にしても、ただスイッチでオンオフするだけでなく調光機能があったり点滅したりという付加機能があるように、そこにはプログラムが存在します。

毎日私達が触れるスマートフォンなどももちろんですが、近年話題となっているのは人工知能「AI」ですよね。

これはプログラムがただ命令を実行するだけでなく、読み取ったデータを分析し蓄積しながら情報の処理精度を上げていくというものです。

つまりプログラムが自ら「学習」していくような機能を持つことから人工知能と呼ばれています。

これによる恩恵は今までの決められた命令を実行するプログラムとは異次元のものです。

プログラム自体が「学習」することにより、今まで人間が行っていたことがプラグラムでできてしまう、場合によっては人間よりも向いているということもあります。

そうなった際に

プログラムは何を得意としていて、どんな役割を持たせると便利なのか?

逆に人間にしかできないこと、強みは何なのか?

ということが分かる人と分からない人では社会での活躍具合にどうやっても差ができていくのは明白です。

これからの時代を生きる人全員がプログラミングをできる必要はありませんが、プログラミングに触れることによってプログラムは何ができるのか?が理解できることが非常に大きな意味を持ちます

プログラミングにより既存教科の学習に役立てる

プログラムを用いること、またプログラミング的思考を用いることによって今までとは違った角度から学習に向かうことができます。

特に数学や理科といった分野ではプログラミングとのシナジーが高いでしょう。

何を、どうすると、どうなる

といった論理的思考回路は既存の「教育」においても効果を発揮することは間違いないでしょう。

子どもとプログラミングの触れ合い方

2020年からの必修化を前に「プログラミングを習い事に!」といった風潮も見られます。

もちろんプログラミングに触れることによる恩恵は大きいので悪いことではないのですが、塾に行くような感覚で「プログラミングが必修化されるから遅れないように習わせなければ!」といった動機であれば必要ないと考えます。

そもそもその思考自体がプログラミングと真逆のベクトルです。

プログラミング を 学ぶ

のではなく

プログラミング で 学ぶ

といった方が近いでしょうか。

現在プログラミングのスキルというのは需要も高まっています。

ですが、それらは「プログラミングができる」ことが重要なのではなく、「こういった便利なものを作る」ために「プログラミングのスキルが必要である」だけのことなのです。

「プログラミング」は目的ではなく手段にすぎません。

極端な話、プログラミングができない人でもWEBサービスやアプリを立ち上げて成功している人はいます。

目的や設計、コンセプトなどが優れていれば、プログラマーにプログラミングを任せることもできるからです。

これから小さな子どもがプログラミングに触れていく時代になる中で、プログラミング自体が目的の教育にならないことを切に願います。

日本の英語教育も、テストで点をとるための英語教育が長らくなされてきたために、では実際に英語が使えるかと言えばほとんどの人が英語を使って何かができるレベルには到達していませんよね。

「英語を学ぶ」ではなく「英語を学んで○○のために使う」ことが目的であれば結果は大きく違ったことでしょう。