kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

突発性発疹の症状と原因、対処法

image 子どもが大きく成長していく過程で数々の病気と付き合っていくことになります。

その中でも比較的早い段階で多くの子どもが経験する「突発性発疹」というものがあります。

何が原因でどんな病気なのか見ていきましょう。

主に2歳くらいまでに起こる突然の高熱

本当に突然に前触れもなく38度から39度にもなる高熱を発症することが特徴です。

生後4ヶ月くらいから発症する可能性が高く、遅くとも2歳から3歳ぐらいまで発症の可能性があります。

そのため赤ちゃんにとって生まれて初めての高熱となる場合が多く、広くこの病気が知られています。

そして高熱が2〜5日程の間続き、熱が下がった頃に全身に「発疹」が現れることから「突発性発疹」と呼ばれています。

この発疹はおなかを中心に現れることが多く、あせものような点々とした発疹から始まり赤みが広がっていくように進行します。

また、この頃に下痢の症状が出る場合も多くあります。

原因は何なのか

突発性発疹の原因となるのはヒトヘルペスウイルスです。

ヒトヘルペスウイルスの6型と7型の2種類が突発性発疹の原因となるため、それぞれによって2回突発性発疹にかかることもあります。

季節によって発症数は変わりますが、基本的に一年中いつでも発症の可能性があります。

また感染によりこれらのウイルスに対して免疫ができます。

症状が出た場合の対処

まず特徴としては

  • 非常に高い発熱
  • せきや鼻水を伴う風邪とは違い高熱だけが初期症状であるため、赤ちゃんの機嫌が良い場合が多い
  • 高熱から発疹へと症状が移行した頃の方が赤ちゃんの機嫌は悪くなりやすい

などがあげられます。

治療法としては基本的に薬などの処方をせず自然治癒を待ちます

  • 月齢が低いうちの感染が多く、あまり薬を使用できないこと
  • 大人はほとんど全ての人がすでに免疫を持っており、二次感染の可能性が低いこと
  • 基本的に数日で症状がおさまること

から、安静にして治癒を待ちます。

こう見ると高熱が出てその後発疹が出る程度で心配はあまり無いように思えますが。この「高熱」が問題です。

  • 汗をかきやすくなることからの脱水
  • 熱性けいれん
  • 脳炎

などから重篤な症状になることもまれにあります。

熱性けいれんに関してはコチラの記事で詳しくまとめています。

脱水に関しては可能な限りの水分補給をしましょう。

とはいえ生後5ヶ月ぐらいの赤ちゃんだと水分をとらなくてはいけない状況でもうまくいかないこともありますよね。

そのような状態で脱水の症状から赤ちゃんが辛そうだったりグッタリとしてしまったりという場合には迷わず病院へ。

また脳炎にまで進行することは稀ですが、熱性けいれんは比較的起こりやすいようです。

高熱が下がるまでは赤ちゃんの様子にじゅうぶん注意が必要です。