kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

子どもがご飯を食べない!食べるのが遅い!

image 嫌いな食べ物を食べてくれないというのも悩みの種ですが、この問題でムキー!!となったことがあるお父さんお母さんも多いのでは?

朝の忙しい時間にやられてモヤモヤしたりイライラしたりしてしまう方も多いようです。

なんでウチの子はこんなに…!と思ってしまいがちですが、同じ悩みを持つご家庭は結構あるんですね。

つまり、子どもってそういう生き物なんです。

とはいってもちゃんと食べないと心配になってしまい、ついつい叱ってしまうことも。

どうやって乗り越えていくのがよいのでしょうか。

そもそも子どもはそういう生き物

私達大人は、食事の時間だと認識すれば食事に集中しますよね。

大人だからこそ忙しい時には「ながら食べ」をすることもありますが、それはそれとして。

でも子どもって目の前のこと全てに興味津々なんです。

ご飯を口に運んだ次の瞬間に他のことに気をとられて、そのまま遠い世界へ…なんてことも。

成長の過程で落ち着いて食事ができるようになっていくことは大切かもしれませんが、小さな子どもにそれを強いるのは酷です。

「ちゃんと食べようね」「他のことしながらじゃなくて、ご飯食べ終わってからにしようね」と教えてあげるのはよいのですが、怒ったり無理やり食べさせたりというのはNG。

場合によっては食べることが嫌いになり食事の時間が憂鬱になってしまうなんてことも。

そうなってしまっては余計に悪化してしまいます。

食べる量や食事にかかる時間は人それぞれ

「ものを食べる」ということが普段から当たり前のことすぎて意識されにくいのですが、人によって個人差がとても大きいのです。

少食の人もいれば、一度の食事に2時間かける人もいます。

もちろん栄養学などの考え方から「これぐらいの年齢体格であれば、これぐらいの量や質の食事を、これぐらいの時間で食べるのが良い」と言う一般的な基準はあるかもしれません。

ですが人の体というのは、それで全ての人が健康になる!という程単純でもなく、個性があります。

食べない・食べるのが遅いという時に「子どもが食事に集中できずに」という理由だけではないのかもしれませんよね。

全く何も食べない状態が続いてしまえば問題ですが、そうでない場合には「これもこの子の個性なんだ」と受け入れる心構えで!

なんとかして食べてもらおうと頑張ってしまう、心配してしまう気持ちは誰にでもあると思います。

それがお父さんお母さんのモヤモヤを更に加速させて負担になってしまっていませんか?

子どものためを思ってご飯の内容や出し方など工夫するのは素晴らしいことですが、頑張りすぎてしまうと子どもも親も疲れてしまいます。

なにより、食事の時間が楽しくなくなってしまうというのは本当に悲しいことですよね。

ちょっとだけ、たまーに、頑張る。

毎日、いつも、応援はする。

それぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。