kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

ベビーウェアの「水通し」は必要?やり方は?

image 「水通し」ってご存知でしょうか?

私は恥ずかしながら我が子の赤ちゃん時期には知らず、あとになってからこの言葉を知りました。

でもそんなに難しいことじゃないので、サクっとチェックしちゃいましょう。

結論「水通し」は洗濯

はい、これです。

ようするに買ってきた衣類やタオルなどを使う前に一度洗いましょうというのが水通しなんですね。

私は昔から自分の衣服でもタオルでも余程のことがない限り一度洗濯をしてから使います。

ですので、水通しという言葉は知りませんでしたが知らぬ内にやっていたんですね。

とはいえわざわざ言葉として一般的に知られているぐらいですし、なにか理由があるはず。

水通しはなぜ行うのか、なんのためなのか?

買ってきたばかりの衣服やタオルなど繊維製品には、加工時の「糊」が残っているからという理由が一般的なようです。

また、製品として完成してからの輸送や店頭で陳列されている間に付着する埃などを落とす意味もあります。

近年では、ホルムアルデヒドなどに気を配るという意味でも水通しを重視する方が多いとか。

これらは、健康な大人であればそのまま使用しても大きな問題にはならないことでも、肌が弱い方や小さな子どもには刺激になる可能性があるということです。

一度洗濯をしてから使用する。

当たり前に行っている方も多いかもしれませんが、改めて考えてみると大事なことなのかもしれませんね。

またタオルやふきんなどを新品そのまま使用して、ぜんぜん吸水しない!なんて体験をしたことのある方は多いのではないでしょうか?

これも加工時の「糊」が原因であることが多いです。

水を吸わないタオルでは意味がないですし、衣服においても汗をしっかり吸いとるというのは重要ですよね。

どうやってやるの?水通しの方法

ただの洗濯とはいっても人によって方法は様々なようです。

赤ちゃんが触れるものだからと、ということでしょう。

  • 水のみで洗うか、洗剤を使うか
  • 洗剤は普段使っているものか、赤ちゃん用のものか
  • 手洗いか、洗濯機か

などの点で人によって差があるようです。

個人的には「洗剤は赤ちゃん用のものを使って、洗濯機で!」がよいのではないかと思います。

まず手洗いかどうかですが、これによって使用した時の赤ちゃんの肌への影響があるとは思えません。

どちらかと言えば、衣服へのダメージを考えての選択だと思います。

確かに、糊や埃などを落とす目的であれば強力な洗浄は必要なく、必要以上に洗浄してもダメージが気になるだけですよね。

ですが洗濯機にも「ソフト」「ドライ」「手洗い」などのモードがあり、それらを利用すれば気にしすぎることもないと思います。

それに、いざ実際に衣服を使い始めて毎日の赤ちゃん用品のお洗濯を全て手洗いで…というのはなかなか難しいものです。

水通しの時だけ優しく洗ってもなぁ…と思います。

ただし、洗剤に関しては少し気をつけてみてもいいのでは。

普段使っている洗剤に含まれている

  • 合成界面活性剤
  • 保存料
  • シリコン
  • 漂白剤
  • 抗菌剤
  • 合成香料

などは、お洗濯に便利に使えるよう配合されています。

しかし肌が敏感な赤ちゃんには刺激になってしまうことも。

大人でも皮膚に疾患がある方だと洗濯洗剤にも気をつかう方は多いですよね。

ドラッグストアなどのベビー用品コーナーには「赤ちゃん用の洗濯洗剤」というものもあります。

arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 本体 800ml

arau. アラウベビー 洗濯用せっけん 本体 800ml

ピジョン 赤ちゃんの洗たく用洗剤 ピュア 詰めかえ用 720ml×2個パック

ピジョン 赤ちゃんの洗たく用洗剤 ピュア 詰めかえ用 720ml×2個パック

なにが違うのかといえば、先程あげたような成分を含まず、自然由来の洗浄成分で肌に優しい設計になっていることです。

もちろん水通しだけでなく赤ちゃんが生まれてからの毎日の洗濯にも活躍しますし、大人用の洗濯にだって問題なく使えます。

水通しを機会に、こういった製品を取り入れてみるのもよいでしょう。