kodohug

子育てお役立ち情報から、育児をがんばるママ・パパのための情報まで

子どもの食物アレルギーの特徴とは?

image 離乳食が始まると心配になるのが「食物アレルギー」

時には命に関わることもある病気なので適切な理解が必要ですが、気にしすぎるとあれもこれも食べられなくなってしまいます。

全ての食品が食べられる必要はありませんが、色んな食べ物を味わうことは生活の豊かさにも繋がりますよね。

アレルギーの症状や付き合い方を考えていきたいと思います。

食物アレルギーってどんな病気?

特定の食物によってアレルギー反応が引き起こされ、様々な症状が発生する病気です。

発生する症状としては

  • 蕁麻疹、かゆみなどの皮膚症状
  • 下痢
  • 喘鳴(ぜぇぜぇとした呼吸障害)
  • 嘔吐
  • せき
  • 鼻水

などがあり、アナフィラキシーと呼ばれるショック症状が発生すると

  • 血圧低下
  • 意識の混濁

など重篤な状態に陥り、場合によっては死亡するケースもあります。

食物アレルギーの原因

アレルギー反応自体は食物に限らず発生する場合があり、症状を引き起こす原因物質を「アレルゲン」と呼びます。

食物の場合はタンパク質の一部がアレルゲンとなることがほとんどです。

これは人の体を形成するタンパク質と違うタンパク質が体内に入ってくることによる免疫反応が過剰に働き、アレルギー症状を引き起こすためです。

つまりアレルギー反応というのは人の体に備わっている自衛のための免疫反応が、特定の物質に対して過剰に反応してしまう状態と言えるでしょう。

子どもの食物アレルギーは大人とは違う!?

アレルギーが起こるメカニズムは、もちろん大人も子どもも変わりません。

ですが、子どもの食物アレルギーには特徴があります。

  • 大人よりも発症率が高い
  • 成長により症状を克服する場合が多い

あたりが目立った特徴です。

これは、子どもの方が大人よりも外部からの刺激に対する免疫作用が強いためだと考えられています。

子どもの頃は○○を食べると蕁麻疹が出ていたけれど、年齢が上がってからは食べても何も起こらなくなった!という方も非常に多いのです。

アレルギーが起こる可能性の高い食べ物は避ける?

重篤な症状が発生することもあるアレルギー。

離乳食期に初めて食べるものには食物アレルギーを警戒しますよね。

昔は、子どもにはアレルギーの起こる可能性が高い食べ物を避けた方がよいというのが通説でした。

無論これは症状を避けるという意味では間違っていません。

例えば子どもに初めて食べる食材を与える際、夕飯時を避けて日中に与えるなどというのは有効だと思います。

仮に症状が発生した場合に、医療機関の受診が容易なためです。

そのような点に注意するのは非常によいのですが、それが行き過ぎてアレルギーが起こりやすい食べ物を避けすぎてしまうのは、長い目でみるとよくないそうです。

近年ではアレルギー症状が出る食材に対しても、量の加減などをしながら摂取することがアレルギーの早期改善に役立つという考え方のもと治療にあたる医師もいます。

それに、まずは食べてみなければアレルギーが起こるかどうかは分かりません。

アレルギーの起こる可能性が高い食べ物を、ずっと避けていくことも難しいですよね。

万全の注意をしながら、色々な食材を与えていくことの方が重要なようです。

ただしアレルギー症状が出ることが分かった食材を、お父さんお母さんが自己判断で与えて慣れさせようとするのはやめましょう!

原因となる食品の量を調節しながら摂取することにより、どの程度その食品を避けなければならないのかを判断する「食物経口負荷試験」というものがあります。

またアレルギー症状を克服することの多い子どもにおいては、食物経口負荷試験を定期的に行うことによりアレルギーが改善しているかどうかを判断できます。

しかしこれはあくまで医療行為です。

重篤な症状が発生すればすぐに対処ができる環境で行われるものですので、ご家庭では試されないように注意してください。